既往借入額について

> 既往借入額について

既往借入額について

既往借入額という項目を、借入申込書などで目にすることがあります。
この既往借入額とは、借り入れを申し込みを行っている
現時点での借入総額のことです。

該当するものは注意書きにあるでしょうが、
凡そキャッシングの返済残高の総額となります。

借入枠なのか借入額なのか?

ここで迷うのがカードローンの借入枠と現在実際に借りている金額の
どちらを算入させるのかということです。

これは申し込み先に尋ねるのが一番いいのですが、
たとえ全く借りていなくてもカードローンの貸付可能枠が50万円と
設定されて解約していないのであれば、信用情報には取引が残っています。

実際に借り入れている金額を書くべきなのか、借りていなくても
与えられている枠の金額を書くべきなのかは、
心象を良くする意味でも、担当者へ尋ねることをおすすめします。

厳密には既往借入額には、借りていなくても枠を算入します。
無担保型の消費者金融に50万円の与信枠があり、実際30万円しか借りておらず、
クレジットカードに全く使っていないキャッシング枠が20万円あったとすれば、
既往借入額は70万円となります。

与信枠が設定されていない割賦型のキャッシングであれば、残高だけを参入します。
総量規制の法律が制定されてから、この既往借入額に対して各社ナーバスですので、
申し込みをした先の規定に則った形で正直に記入することが、審査をスムーズにします。

ただし国民政策金融公庫からの借入の申込や100%保証協会保証付き制度融資を利用する場合には、
この既往借入額の審査は比較的穏やかなケースもあります。
だからといって誤魔化すべきではありませんので、
聞かれたことに対して回答するという形でも差し支えないでしょう。

COPYRIGHT© 2014 10万円借入、賢く利用 ALL RIGHTS RESERVED.